メニュー

本紹介シリーズ - 植崎茂税理士事務所

本紹介シリーズbook

   まごころ会計 Kさん

書籍

bokuha
(画像クリックで参考ページにリンクします。)

書籍名1

東京奇譚集

著者

村上春樹

出版社

新潮文庫

書籍2

bokuha
(画像クリックで参考ページにリンクします。)

書籍名2

思いでトランプ

著者

向田邦子

出版社

新潮文庫

書籍3

bokuha
(画像クリックで参考ページにリンクします。)

書籍名3

あなたがいる場所

著者

沢木耕太郎

出版社

新潮文庫

感想・一言

心に余裕のない日々は、こんな短編集がお勧めです。
どこでもドアのように、扉を開けてとっぷりとその世界に浸るのです。
その至極の数分の1滴が、私の心に波紋のように広がって、
今に引き戻された私に語りかけます。
「あなたは今何処に居るのか?何処へ向かっているのか?」
そんな不思議な感覚はタイムトラベルのようで病みつきになりますよ。
この中でもお勧めは村上ワールドの「ハナレイ・ベイ」です。

kawashima

   喜び共有、笑顔拡散!Mさん

書籍

bokuha
(画像クリックで参考ページにリンクします。)

書籍名

ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい

著者

クリスティン・バーネット(訳=永峯涼)

出版社

KADOKAWA/角川書店

感想・一言

ジェイコブ・バーネット―彼は、2歳のとき、重度の自閉症と診断されました。
IQ180という驚異的な知能を持ちながらも、普通に日々の生活を送ることは彼にとって非常に困難でした。
本書は彼の母親であるクリスティン・バーネットによって書かれた本です。
彼女は夫と共に、笑うことすらしないジョイコブに向き合い続け、
自閉症や特別な支援を必要とする子供やその家族のための施設を立ち上げます。
ジェイコブの多くの天才エピソードにも相当驚かされますが、
何より心打たれるのは両親の愛の深さと、
それに基づいた周囲の人まで変えてしまう姿勢、行動力です。
学校の教室からはじき出されたジェイコブが、
一番自分らしくいられる場所で彼の才能をいきいきと開花させていく様子、
それを自分のこと以上に喜ぶ人々、久し振りに一気に読んでしまう本に出会いました。
ジェイコブはこれから、彼の愛する数式で多くの発見をするでしょう。
私達は近い将来、権威ある賞の受賞者として彼を名を聞くことになると思います。
そのとき私は、ジェイコブにはもちろん、この本に登場した人全員に拍手を送ります。

masuda

   never岐阜アップ! Mさん

書籍

kajisuki
(画像クリックで参考ページにリンクします。)

書籍名

家事が好きになる暮らしの工夫

著者

中山あいこ

出版社

エクスナレッジ

感想・一言

ブロガーとしても活躍されている、
ライフオーガナイザーの中山さんの2冊目の本。
高校時代からの友人ということもあり、目線が似ていて、座右の銘も全く同じ!
シンプルだけどシンプルすぎず、手を抜くところは抜いて、
疲れた時には素直に休み、こどもたちと一緒に季節や成長を喜び、味わう日々。
ひとりで二人の子を育てつつ、無理をしないでここまでできるんだと感動します。
実際にお宅にお邪魔しても、本の内容のままシンプル・丁寧で温かい暮らしぶりです。

保育園に通う下の子のパンツは同じものをいくつか揃えて、
どんなトップスとも合うようにしていると聞き、目から鱗でした。
保育園では着替えときに適当に服が選ばれるので、
謎のコーディネートで帰ってくることが多かったことから思いついた案なのだのだとか。なるほど!と思いつつ、
合理的すぎてまるごと実践するのは難しいと感じるところもありますが、
日々の暮らしをすこし楽しく、心地よいものにするアイデア満載です。

mura