メニュー

ログインが完了しました。 - 植崎茂税理士事務所

皆さま、こんにちは。

今回ブログを担当させていただきます、(ま)です。


このブログを書いている今日1月28日は、

雨が一時雪になりました。

私は雨が好きなのですが、皆さまはどうでしょうか?


外出する際は億劫ですし、傘を持ち歩くのも疎ましい、

それは私もそうです。
ですが、雨の音を聴きながら過ごしたり、

雨が降ったり伝ったりするのを眺めていると、

とても心が安らぎます。


肌寒い日に雨の音を聴きながら毛布にくるまったり、

いつもより彩度の低い景色を味わうのは、

私にとってはとても幸せなことです。

 

雨の日に聴こえる特別な音は、

雨音だけではありません。
車が走るときの音も、

普段とは違います(あの、シャー!という音、思い浮かびましたか?)。


雨を楽しむにはあたたかい室内(寒いと侘しくなります)が望ましく、

特に窓辺が一番です。

降り方によって音が変わっていきますよね。

流動的で、飽きることがありません。

 

雨の名前って、たくさんあると思ったことはありませんか?

いくつ言えるでしょうか?
実は雨の名称、400種類以上あると言われています。


生きているうちに、もちろん数えきれないくらいの

雨の日がありますが、その400種類すべてに

出会えているのでしょうか?


今日の雨は、冬の冷たい雨「寒雨」でしょうか、

雪交じりの「雪時雨」でもあります。

乾燥が続く日々の合間の雨ですから、

恵みの雨「慈雨」でしょうか。

 

梅の花が開き始めたの頃の、

雨の後のしっとりとした冷たい空気の香りも好きです。
花の香りが濃くなり、

その香りを辿って花を見つけると、嬉しくなるのです。


草葉の上に残る雨も、美しいですね。

写真は5月頃の、雨の翌日に散歩に出かけた上野不忍池の蓮の葉です。
この水の輝きと質感、実物はもっと綺麗でした。

20210129_blog.jpeg

 

雨が好き、と言ってもなかなか賛同を得られないのでこのブログに書いてみました。
それでは、雨の中を帰路につき、いつ止むかわからない雨を楽しもうと思います。