メニュー

スタッフブログ - 植崎茂税理士事務所

メンバーmember

おうち時間の過ごし方

公開日:2021年01月22日(金)

皆さま、こんにちは。
今回ブログ担当の(い)です。

 

二度目の緊急事態宣言が発令されるなど、一段と緊張感の高まってきている今日このごろ。

必然的に家で過ごす時間が増えてしまいますね。

空いた時間はとにかく勉強!!と意気込むものの、中々集中力が続きません。。。
息抜きも大切!!ということで最近のマイブームをご紹介させていただきます。

 

 おうち時間と言いましてもさして広くもない我が家。

出来ることは限られています。子供達二人が相も変わらずぎゃあぎゃあ騒ぐ中、

いっそ家族を巻き込んで出来る遊びは無いかな?

と探していたところ丁度いいものが丁度いいタイミングで発売されているではありませんか!!

ズバリ「桃太郎電鉄」です。

 

20210122_blog.jpeg

 

いやぁ、令和も定番とはよく言ったものでみんなでプレイすると相変わらず盛り上がりますね。

ルールといいますか、操作も非常に簡単で保育園に通う娘も問題なくプレイできています。

(結局ぎゃあぎゃあ騒ぐのですが。。。) 

いい息抜きにもなり家族で盛り上がれていいこと尽くしなのですが、いかんせん辞め時が見つからない。

本当によくできたゲームだなとつくづく思います。

一人でも十分楽しめますのでお手にとってみてはいかがでしょうか?

カレーのススメ

公開日:2021年01月15日(金)

皆さま、こんにちは。本年も宜しくお願い致します。

今回のブログ担当(よ)です。

 

1月20日は「大寒」です。

1年で一番寒さの厳しい頃とされています。

冬の寒さは、心も体も縮こまらせて、血行不良による末端の冷えや痛み、

新陳代謝や免疫力の低下も起こりやすく、様々な病気が悪化しやすくなります。

 

また、生命エネルギーを蓄えている「腎」に大きな負担をかけると言われています。

「腎」の不調は老化現象にも繋がるそうです(漢方の考え方での「腎」とは、

腎臓とは少し違い、泌尿生殖器系・生命エネルギーなどを表します)。

 

そこで、身体をあたため、免疫力も上がる、

スパイスがふんだんに使用されている食べ物である『カレー』をおすすめしたいと思います。

私はカレーが大好きなので、年中お勧めしたいのですが・・・ちなみに私は、サグ(ほうれん

草のカレー)が好きです。


カレーと言えば、高カロリーで太るという印象が強いかと思いますが、スパイスから作った

カレーはカロリーが低い上に、代謝がアップし、鶏のささみや大豆を使用すれば低脂肪・

高たんぱくな食事となります。


代表的なカレーのスパイスのご紹介です。

 

20210115_blog.jpeg

 

 クミン

カレーの香り成分。ビタミンの種類が豊富。香り成分であるリモネンにはリラックス効果も。コレステロールの吸収を抑える作用もあります。 

 カルダモン

カレーの香り成分。口臭防止、疲労回復、消化器官・呼吸器官の不調改善。 

集中力やダイエットにも効果あり。

コリアンダ  健胃・整腸作用。デトックス作用。 
クローブ  「丁子」とも呼ばれる。抗酸化作用・抗菌作用・免疫調整作用 
 ターメリック 「ウコン」とも呼ばれる。消化促進、肝機能促進、殺菌作用、解毒作用 等 
カイエンペッパー  血行促進、消化促進、体を温める 

 

これだけ見ても薬膳で使用する食材ばかりです。

 

お家時間が長くなっている今、スパイスからカレーを作ってみてはいかがでしょうか?

スパイスセットも販売されているので、比較的手軽に作ることができますよ。

最善を望みつつ、最悪に備えよ

公開日:2021年01月08日(金)

みなさま、こんにちは。

冬らしい寒さになってきましたね。今回のブログ担当(む)です。

 

首都圏では特にコロナ感染者も増え、なかなか気軽に外出できなくなってしまいましたが、

そうなるちょっと手前、昨年12月に横浜に行ってきました。

 

目的地は横浜港近くの広場。風もそれほどなく、よく晴れた寒い日です。

初めてヘリコプターに乗ってきました。

今回、パイロット以外は家族のみの乗車。

普通だったら相乗りになるところですが、コロナ対策の恩恵を受けました。

 

私たちを乗せたヘリコプターはふわっと上昇し、海の方へ向かいます。

実際はすごく重いのでしょうが、離陸する姿を見ても軽く感じ、飛んでいるときも

機体を軽く感じました。風の力でしょうか。

 

プロペラが旋回する音が響く中、パイロットさんが方角の説明をしてくださったのですが、

プロペラと風の音でほとんど聞こえません。目の前に広がる空と海、小さく見える街と

高速道路を流れるように走る車。横浜のシンボルランドマークタワーや停泊する船たち。

乗車時間はたった5分。でも、すごく長い5分に感じました。

 

20210108_blog.jpg

 

乗るまでは「落ちたらどうしよう」と恐怖心のほうが大きくて、

申し込んだことを半ば後悔していました。

 

海に落ちたときにはどうやったら生き残れるのだろうとか、

ちょっと機体から離れたところに落ちた方がいいのかなとか、どんなことから異変を感じ、

どのタイミングで対処したらいいんだろうとか。

不慮の事故が起こった場合のあれこれに思いを巡らせて、ほとんど祈りながら乗車しました。

 

体験してみると、風がなければ安全な乗り物なのだろうと感じます。

実際に事故発生率は飛行時間10万時間につき0.82件(米国出の調査)とのことです。

 

「最善を望みつつ、最悪に備えよ」と、何かをするときには心の中で唱えます。

最悪を想定しておけば、どんなに悪くても自分で想像した以上の「最悪」に

なったことはいままでありません。

 

コロナウィルスの影響がどこまで続くのかまだ分かりませんが、

「最善を望みつつ、最悪に備え」ておかなくてはいけないなと感じています。

城下町ホテル

公開日:2020年12月28日(月)

みなさま、こんにちは。今回のブログ担当(き)です。

 

昨年の年末には、今年どこに行こうか?などと思いを巡らせていたのですが、

年があけて少し経つと、コロナの影響で、すべてキャンセルに。

なかなか先が見通せない世の中がやってきたな……ということで、

少し嗜好を変えて国内を旅するようになりました。

 

いきなりですが、篠山城ってご存じですか?
兵庫県の丹波篠山市にある城なのですが、

そこの城下町が、ちょっとした観光地になっていて、

城下町ぶらり散歩などのオススメスポットなどと取り上げられたりしています。

 

そのような土地で、古民家の改装が進んでいて、

ホテルやさまざまな施設としてリノベーションする動きがあり、

注目を集めているとのことで、見に行ってきました。

 

古民家20軒まるごと再生し集客 「篠山モデル」全国へ

(日経新聞の記事)

 

ホテルなどが建つような場所がない城下町で、

いくつかの古民家を集合体としてとらえ、

街ごと体験できるようなスポットで生まれ変わっていて、

GoToトラベルなどの影響もあり、繁盛していました。

 

20201228 blog k 001 20201228 blog k 001

 

また、感染拡大のなか、ふらっと旅に出かけることも難しい時期に差し掛かりましたが、

せっかくの支援策があるうちに、コロナの状況を見つつ、

いろいろな地方の工夫を見に行ければ……と考えています。

「ボタン」って何語かご存じですか?

公開日:2020年12月25日(金)

みなさま、こんにちは。

冬ならではの吐く息の白さも、今年は見えません。今回ブログ担当の(ま)です。

 

先日、銀座の“MITAKE BUTTONS”に行ってきました。
皆さまご存じの、服についているあのボタンの専門店で、

銀座通りから少し外れたところにあるビルの4階、

知らなければ行きつかないような、ひっそりと佇むお店です。

http://mitakebuttons.com/cms/


広くはない店内ですが、壁の3面とショーケースの中まですべて、ボタンです。
壁そのものが引き出しになったような大きさの棚に、

素材や色ごとに分けられてボタンが入っており、

見本のボタンが気になったら自分でその引き出しを開けて自由に選べます。
もう手に入らないような古いものや、アクセサリーのように装飾性に富んだもの、

一見シンプルでもよく見ると他にはないようなボタンもたくさんあります。
真鍮製のものや天然素材でつくられたものなどは一つひとつ形や表情も違い、

同じボタンでも大きさの違うものもあるので、心惹かれるボタンに必ず出会えると思います。

 

ボタンを合わせたい服を持って行ったりすると、

店主さんが様々な提案や自分では見つけられなかったような

ボタンを見せてくださったりもします。
お気に入りの服がある方は多いと思いますが、

ボタンまで気に入っている、という方は少ないのではないでしょうか?
元々のボタンを付け替えてもいいですし、

胸ポケットなどに新しくワンポイントで飾りとして付けて楽しむ、

といった遊び心溢れるお洒落も出来ます。
お気に入りが更に好きになったり、こんなのもあるんだ、と楽しみが増えて素敵ですよね。

 

造りが凝ったものや目立つものはアクセサリーなどのパーツとしても使えそうです。
骨董品のような味わいのあるものも多いので、

観賞用として購入される方も多いそうです。
私自身、幼少期からビーズや海ガラス、

気に入った石などを集めては眺めているのが

大好きな子供だった(そのまま大きくなりました)ので、

店内を見回したり気に入ったボタンを手に取ると、

あの頃の、手芸屋や砂浜で宝物を見つけたときのような、

小さく弾ける喜びと、美しさに出会えたことへの感動に胸が震えます。

 

当日着ていったシャツに合わせ選んだボタン、

とってもとっても気に入っているのですが、

まだ少しの間だけ、眺めるために、

付け替えないでおこうかな、と思っています。

 

20201225 blog m 001

 

皆さまは、最近そういった喜びや、宝物となる出会いはありましたか?

タイトルについて・・・服飾のボタンは、ポルトガル語だそうです。

 

3年計画

公開日:2020年12月18日(金)

みなさまこんにちは。
今回ブログ担当の(い)です。

 

寒さがいよいよ厳しく感じられるこの頃、Jリーグも一番盛り上がる季節です!!
先日の日曜日に今シーズン初めてのサッカー観戦に行って来ました。

場所は埼玉スタジアム2002.浦和レッズVSガンバ大阪です。

 

例年ですともう少しスタジアムに足を運ぶ機会があるのですが、

新型コロナウイルスの影響で今年は全くその機会がありませんでした。

夏から少しずつサポーターも入場できるようになり、

10月にようやく収容人数の半分まで入場が可能になりましたので

久々に行ってきたところです。

 

気になる感染症対策ですが、屋外ということもありスタジアムの中では

そこまで厳しくは感じませんでした。

ただ、今となっては当たり前のことですがマスクの着用や、

ソーシャルディスタンスの確保。

(具体的には、自由席はなく全席指定席で左右は一席ずつ間隔が空いています。)
一番の違いは声を出しての応援ができないところでしょうか。

浦和レッズといえば大迫力の声援と熱いサポートが持ち味ではありますが、

こればっかりは仕方がないですね。。。

 

ちなみに最近の浦和レッズの成績ですが、前年はアジア王者を決める大会では

決勝までいきましたが、国内のリーグ戦ではまさかの残留争い。

なんとか残留を果たしましたが、18チーム中14位でシーズンを終えています。

熱いサポーターが多数いる浦和レッズ、最終節終了後の社長挨拶では

ブーイングが飛び交いました。

 

そんな我等が浦和レッズ。今シーズン開幕前にはこのような計画を発表しました。
ズバリ「三年計画」です。
2020年を変革の年に。
2021年を飛躍の年に。
2022年にリーグ優勝を目指す。
この計画にサポーターが返したアンサーがこちら。

 

20201218 blog i 001


まぁ、浦和らしいですがフロントや選手には大変なプレッシャーだとは思います。
私はこういう考え方嫌いじゃないですけれども。。。

 

三年計画を打ち出した浦和レッズ。1年目から監督の交代が決まるなど

先行きは怪しいですが、来年はスタジアムに行き大声で応援できたらなぁと思います。
みなさまもお時間のある時、サッカー観戦に行ってみてはいかがでしょうか。

満たされる休日

公開日:2020年12月11日(金)

みなさまこんにちは。
今回ブログ担当の(ま)です。

 

最近お気に入りの場所に、足繫く通っております。
そう・・・そこは江東区清澄白河です!
インスタグラムで見つけたテラリウムに魅了され、
どうしても自分で作りたくなりワークショップに参加してきました。
http://www.feelthegarden.com/

 

テラリウムとはガラスの容器などで植物などを栽培する技術のことを指します。
苔や観葉植物を使い、小さな森や自然のような植物の世界を作ります。
先ずは簡単な苔のつくりや生態を学び、今後のお手入方法の説明も受けます。
お店の方の説明はとても分かりやすく、更に苔に興味湧きます。


20201211 blog m 001


作業開始です。
土台を作ったらその後約二時間。参加者みんな黙々と苔を植え付けます。
これがなかなか難しい!イメージを膨らませ、ひたすら自分の世界を作り上げます。


20201211 blog m 002 20201211 blog m 002


造形物も置いて、さらに個性的になりました。
黙々と作業に没頭して、気分もスッキリ爽快です!
(リビングに飾って毎日眺めては癒されています。とってもオススメです)

 

そして清澄白河はなんといっても、おしゃれカフェが沢山あります。
古い倉庫や古民家をリノベーションしたお店が多く、住宅街ですがすんなり溶け込んでる感じです。

 

20201211 blog m 004


寒空の下、30分待って飲んだカフェラテ。それはそれは至極の一杯でした。

おしゃれカフェではお腹が満たされない私の次なるお目当ては深川めしです。


20201211 blog m 005


江戸時代は漁師の町として栄えたこの地域発祥の郷土料理です。
あまりの美味しさに軽く叫びます。

 

20201211 blog m 006


清澄庭園は、都立文化財9庭園のひとつで、回遊式庭園と呼ばれています。
池を中心に回遊すると、どこから見ても余すことなく素晴らしい眺めです。
この日は松の冬支度「雪吊り」作業をしていました。季節の趣を感じますね。
初めての清澄白河は五感が満たされて、心身ともに健やかになりました。
他にも行きたいスポットがあるので、また足を運びたいと思います。

好きなお寺

公開日:2020年12月04日(金)

みなさま、こんにちは。今回ブログ担当の(も)です。

 

社会人になってから寺社仏閣に行くのが面白いと思うようになりました。
日頃からお参りに行っているというわけではないのですが、

時々思い立ったようにお参りに行き、御朱印をいただくなどしています。
寺社仏閣と言えばやはり京都というわけで、

最近は1年に1回ぐらいのペースで行っています。
京都にはたくさんの寺社仏閣がありますので、行くたびにどこをお参りしようかと
考えるわけですが、お気に入りの場所がいくつかありまして、

それらはほぼ毎回のようにお参りしています。
今回はその中からお寺を1つご紹介させていただきます。

 

今回紹介するのは「建仁寺」というお寺になります。
場所は祇園のすぐ近く、京都の繁華街である四条河原町の近くなので、

アクセスがしやすい場所にあります。

1202年建立された、京都最古の禅寺だそうです。

皆さまも何かで見たことがあるであろう俵屋宗達の「風神雷神図」は元々こちらの
所蔵で、お寺ではとても精巧に作られたレプリカを見ることができます。
(現物は現在京都国立博物館にあるそうです)

 

20201204 blog m 001

 

禅寺ということで、枯山水のお庭もあります。

観光に疲れた時に一休みするにはちょうど良いです。

 

20201204 blog m 002

 

他にも襖絵や中庭など素敵なものや場所があるのですが、

私の一押しは法堂の天井画「双龍図」になります。

 

20201204 blog m 003

 

こちらは日本画家の小泉淳作さんが創建800年記念のために約2年かけて製作された
108畳にも及ぶ水墨画です。
写真だと分かりづらいのですが、実物を見ると迫力がすごいです。
初めて見た時にものすごく感動しまして、

それ以来それこそ京都に行くたびに必ず見に行っています。
禅寺の法堂にはこのような龍図が書かれていることが多いようで、

他のお寺にも見に行ったりしたのですが、

個人的にはここの龍図が一番だと思っています。
また、他のお寺だと普段は公開していないというところもあるのですが、

こちらのお寺は拝観時間であればいつでも拝観できるため、

訪問しやすいというのも魅力です。

 

コロナの関係でなかなか旅行もしづらい状況ではありますが、

もし京都に行かれることがあればぜひ実物を見に行ってみてください。

秋バラ

公開日:2020年11月27日(金)

みなさま、こんにちは。
今回ブログ担当の(お)です。

 

みなさま、今年の秋をいかがお過ごしでしたしょうか?
私は、近場で(いいから)秋を感じたい!と思い、

11月上旬に北区西ヶ原にある旧古河庭園に秋バラを見に行ってまいりました。

 

旧古河庭園、洋館とバラが有名な庭園なのですが、今までは春しか訪れたことがなく、

今回は秋バラと、あわよくば日本庭園の紅葉も見ることができるといいな、

と期待しながら、向かいました。

 

20201127 blog t 001

 


まずは、旧古河庭園といえば、という構図で撮ってみました。
洋館と洋風庭園は、鹿鳴館の建築家として有名な

イギリス人のジョサイア・コンドル博士の設計によるものです。
ドラマの撮影などでも使われていますので、なんとなく見たことあるなぁ、

という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

20201127 blog t 003


バラは見事に見頃を迎えていて、美しく咲き誇っていました。
秋バラは色が濃いのが特徴らしいですね。

 

20201127 blog t 002


個人的には紫のバラが素敵だなぁ、と思いました。
このバラは、「ブルー・ライト」という品種だそうです。

 

20201127 blog t 004


そして、階段を降りていくと、日本庭園があります。
残念ながら、紅葉は少し早かったようです。

バラというと春のイメージでしたが、秋にもこんなにきれいに花を咲かせるのですね。
香り高いバラに囲まれて、優雅な秋を感じることができました。

非日常空間へ

公開日:2020年11月20日(金)

みなさま、こんにちは。

今回、ブログを始めて担当させていただくオールドルーキーの(た)です。

 

コロナの影響で人混みを避ける日々が続いていましたが、

ようやく、流行前の人出に戻りつつある昨今、

池袋に昨年7月からオープンしたグランドシネマサンシャインに行ってきました。

 

20201120 blog t 001

 

オープン同月に閉館した前身のシネマサンシャインは

子供の頃から馴染みのある場所でしたが、近年は老朽化を感じ、

向かいのHUMAXシネマズや新宿のTOHO、バルト9を使ってましたが、

先に挙げたのと負けず劣らずの大きくて綺麗なシアターに生まれ変わり、感動しました。

 

20201120 blog t 002

 

20201120 blog t 002

 

20201120 blog t 002

 

チケット確認が済み、

入場すると各フロア(12階建て!)に有名な映画のポスターやアート、

書籍が出迎えてくれます。これらを眺めてるだけでも楽しいですよね。
近年の映画館はアミューズメント施設化が進んで、

休憩や待ち合わせの場所として使う方も増えてるそうです。

 

20201120 blog t 005 20201120 blog t 005

 

私が観たのはこれだったりしますが(笑)。
流行りに乗らせていただきました。

今回使ったのはBESTIA(ベスティア)というシネマサンシャインオリジナルの
最新シアターシステム(の一つ)で4Kレーザープロジェクションシステムと

3D音響システムにより、

これまでと比べ圧倒的に鮮明な映像と観客を包み込むような音響を実現した…そうです。
https://www.cinemasunshine.co.jp/bestia/

 

作品の内容はネタバレになるので伏せますが、

シアターそのものの感想としては、映像も明るく色彩豊かでしたが、

音響が凄かったですね。

通常の映画館だと座席によって聴こえ方が違ってしまうのですが、

ここは本当に360度全方位からサウンドが響き、臨場感が素晴らしかったです。

通常料金にプラス200円で鑑賞できますが、元手以上の付加価値があると思いました。

機会がありましたら皆様も利用して非日常空間を体験してみてはいかがでしょうか?